お水健康委員会

交互にかけるだけ?冷水と温水で代謝改善

by お水健康委員会 on


シャワーといえば必然的に温水を使うと思いますが、その時に冷水・温水を交互にかけると代謝を上げることができます!今日から実践すれば長年悩まされていた冷え性などの頑固な症状を改善できることでしょう。

温冷浴とは

冷水と温水を交互に浴びる入浴法を指します。熱いお風呂に入ると、体温の上昇を抑えるために毛細血管が太く広がります。反対に水風呂になると体温を下げないよう毛細血管は細くなります。今回紹介する温冷浴は、冷水と温水を交互に浴びることで毛細血管を伸縮させ、全身の血行を促すものです。この温冷浴にはどのような効果があるのでしょうか?

効果

代謝を上げる

私たちの体内にある褐色脂肪細胞を刺激すると、この細胞の働きが活性化して代謝が上がるとされています。褐色脂肪細胞とは、エネルギーを燃やしてくれる細胞を指します。例えば、寒さを感じた時にエネルギーを蓄えている白色脂肪細胞を取り込み、燃やすことで熱を生んで体温を上げてくれます。特に、褐色脂肪細胞が多く集まる肩甲骨や首周りに、シャワーを当てると褐色脂肪細胞が刺激することができます。

冷え性

血管の動きや体温を調節するのが自律神経で、この働きが低下すると手足の先まで血液が運ばれにくくなってしまいます。自律神経が乱れることで冷え性に繋がります。温冷浴をすると手足が暖かくなるのですが、これは自律神経が温度変化に対応しようとするもので、交互に繰り返されることでいつでも手足の温度調節ができるようになります。このように、温冷浴は自律神経を鍛えることができます。

風邪に強くなる

冷水と温水を浴びて自律神経が鍛えられることで、免疫力を高められるため風邪を引きにくくなります。

花粉症の予防・改善

花粉症に悩まされている方はとても多いです。花粉症の治療法の一つとして「汗をかくこと」が挙げられます。温冷浴で皮膚を鍛えると粘膜は強くなるため、アレルギー反応を抑えられます。

肩こり・むくみ

温冷浴は全身の血行が促されるので、肩こりを改善する効果も見込めます。さらに、血行だけでなくリンパの流れも良くなるため、むくみも改善します。

温冷浴の仕方

  1. 40~42℃の温かいシャワーを30秒かける。
  2. 15~20℃の冷たいシャワーを30秒かける。
  3. 上記の手順を交互に5回ずつ行う。

初めから心臓に刺激を与えないよう、足先など心臓より遠い部位からシャワーをかけていきましょう。

注意!

温冷浴は少なくとも心臓に負担をかけるので、心疾患の方や高血圧の方は行わないでください。温冷浴に慣れていない方は、ぬるま湯→お湯のように少し温度差を付けるところから始めて、徐々に水温を下げていきましょう。無理をせず、ストレスを感じない範囲で行い、気が進まない時は温冷浴をしなくても構いません。

The following two tabs change content below.
お水健康委員会

お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?
お水健康委員会

Written by: お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?