お水健康委員会

水素水でアンチエイジング

by お水健康委員会 on


巷で有名な水素水。便秘やアンチエイジングに効果的だと聞きますが、実際に効果があるのか気になりますよね?ここでは水素水の特徴や効果を説明します。

水素水とは?

文字通り水素が溶け込んでいる水を指します。医学的には「水素豊富水」とも呼ばれます。水素は原子の中でも一番軽い物質で、他の物質と結合しやすい特徴があります。体内に水素が入ると「活性酸素」と結び付いて、還元(元の状態に戻す)する働きがあり、これは体内の活性酸素を素早く除去することを意味します。活性酸素とは、他の物質を酸化させる力を持つ酸素のことです。もともと、活性酸素は体内に入り込んだ細菌などを退治する役割があります。しかし、増え過ぎると健やかな細胞まで酸化させてしまうので、老化の原因となります。

水素水の種類

アルミパウチ

製品の多くがアルミパウチを採用しています。長期保存することが可能、持ち運びに便利で、蓋を開ければすぐに飲むことができます。

スティック

マグネシウムの入ったスティックの中身と水を一緒に混ぜることで水素水が作れます。コンパクトなので、急な外出でも持っていけます。

サーバー

初期費用は高額ですが、自宅で簡単に水素水が作って飲むことができます。水素水を長期的に使うのであれば、コスパの良さからサーバーをおすすめします。

水素水の効果

アンチエイジング

活性酸素には、体に悪影響を及ぼす悪玉活性酸素と、体に良い働きかけをする善玉活性酸素の2つに分かれます。水素には、体内に存在する悪玉活性酸素を除去し、ミトコンドリアを活発にさせる働きがあります。活発になることで、体をサビつかせて老化させる活性酸素を効率的に取り除くことができるため、アンチエイジングへ繋がります。

便秘

水素は、腸の壁に付いた汚れを処理して水に変化させたり、消化を促したり腸内環境を整える働きがあるため、お通じを良くする効果があります。便秘は肌トラブルの原因、便秘が改善すれば美肌になることでしょう。

ダイエット

水素には、血液内にあるコレステロールなどを吸収しようする働きを抑える効果があります。必要のない脂肪の生成を防止して、無駄なお肉をつけないようにしてくれます。さらに活性酸素だけでなく、酸化脂質も除去する働きがあるため血液をさらさらに、新陳代謝を上げる効果も見込めます。

水素水の飲み方

水素水は水素濃度が重要です。活性酸素が発生しやすいタイミングに飲むと、より効果的です。例えば、運動前や睡眠不足、ストレスを感じた時に飲んでみると良いでしょう。

また、水素は非常に抜けやすいため、開封したら早めに飲む必要があります。

水素水の選び方

水素水を選ぶ時は以下の点に注意してください。

水素濃度を記載している製品を選ぶ

水素濃度を表す単位には「ppm」が使われ、製品にはこの記号で水素の含有率を記載しています。最低でも必要な濃度は1.0ppmで、できる限り高濃度のものを選びましょう。アルミパウチなど製品の蓋を開けると同時に、水素は抜けてしまいます。常気圧の限界値とされる1.57ppmの製品が理想的です。

容器に注意する

水素は非常に逃げやすいため、水素をたっぷり含んでいたとしても、ペットボトルなど密封度の低い容器だと抜けやすいです。そのため、アルミパウチなどの密閉容器を使っている製品を選ぶことをおすすめします。飲み残しもできますが、水素のことを考えると1度に飲み切るのがベストです。

飲む上での注意点

過剰に水素を摂取してしまったとしても、呼気などから体の外へ放出されるため過剰摂取の危険はありません。このように、体内で水素をためておくことができないので、多く摂っても無駄にしてしまいます。

まとめ

体内の悪玉活性酸素を取り除き、ミトコンドリアの働きを活性化させることで、老化の原因となる活性酸素の働きを抑制できます。そのため、水素水でアンチエイジングすることが可能です。興味を持っている人は、一度試してみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.
お水健康委員会

お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?
お水健康委員会

Written by: お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?