お水健康委員会

冬でも脱水?隠れ脱水を防ぐ方法とは

by お水健康委員会 on


「冬の熱中症」と呼ばれる季節感のない脱水症状をご存知ですか?
冬で脱水と聞いてもピンとこないかもしれませんが、冬は夏以上に脱水症状に注意する必要があります。小さいお子さんや高齢者と一緒にお住まいの方は今一度ご確認ください。

ここでは、冬でも脱水症状に至ってしまう理由とそれを防止する方法を紹介します。

隠れ脱水とは?

脱水症を起こしかけているにも関わらず、本人の自覚がないため有効な対策をとられていない状態を「隠れ脱水」と呼びます。寒い季節は脱水に対する危機感が薄れて水分を摂らなくなることによって、水分不足になり体内の水分が少なくなると血液がドロドロになります。脱水症は野外だけでなく室内でも起こり、特にマンションでは風通りが悪いことから発汗しても蒸発しづらく体温がなかなか下がらないため、熱中症になる確率が高くなってしまいます。その寒い季節に起こる熱中症の正体こそ「隠れ脱水」なんです。
また、コンクリート住宅では昼にコンクリートにこもった熱が夜に開放されるので、気温が上がりやすくなり熱中症になる恐れがあるのです。

隠れ脱水の原因

なぜ、隠れ脱水になってしまうのでしょうか?発症する原因を確認しましょう。

体の水分が奪われやすくなる

冬に脱水症を起こす大きな原因は乾燥しやすい冬の気候にあります。よく天気予報で乾燥注意報が出やすい季節であることは皆さんもよくご存知だと思うので、想像に難くないと思います。
特に、雪がほとんど振らない地域では乾燥する日が続き、冬の湿度は50%を切ることが度々あります。外が乾燥すると不感蒸泄(ふかんじょうせつ)が増えて、体の水分が消費しやすくなります。不感蒸泄とは、皮膚や呼気などから知らないうちに消費する水分を指します。そのため、乾燥した季節になると自然に体内の水分の消費量が増えます。

冬は風を引きやすい時期でもありますが、その中でも気を付けたいのがウイルス性胃腸炎です。これにかかってしまうと下痢や嘔吐が続き、体に必要な水分が奪われるため脱水の原因となります。

水分補給が減る

夏は汗をかくため自ずと水分補給をしますが、冬はほとんど汗をかかないため水を飲む機会が大幅に減ります。「体を冷やしたくない」といった理由から飲み物を口にしなくなることで、水分を摂らないということもあります。

特に小さなお子さんと高齢者は注意!

お子さんは不感蒸泄が多く、体の水分の消費量が多いためしっかり水分補給をしないと脱水症に繋がってしまいます。さらに、お子さんは自ずと水分補給をすることが難しいため、お父さんやお母さんが水分補給を促す必要があります。
高齢者の場合、喉の渇きを感じる機能が低下するため、喉が乾いていたとしても自覚しづらくなる傾向にあります。そのため、水分補給が上手くできないことから脱水症になることがあります。

隠れ脱水を防ぐ方法

隠れ脱水は脱水症状の一歩手前の状態です。そのようなリスクを避ける方法を挙げていきます。

室内を乾燥させない

自宅の湿度をご存知でしょうか?わからない方は湿度を計り、湿度を60%前後を維持できるよう加湿器などを設置しましょう。加湿器がない場合はバケツに水を汲んで、タオルをバケツの水半分まで入れて残り半分を水から出すと、タオルが水を吸収して部屋を加湿する働きがあります。

水分を積極的に摂る

冬は水分補給が減ってしまうと思いますが、喉が乾いてしまう前に水分補給をしましょう!起床後・食前・入浴前後・就寝前などに飲むと決めておけば取り入れやすいのではないでしょうか。
また、食事する時は小松菜などの水分・ミネラルがたっぷり含まれた緑黄色野菜、みかんなどの果物を自発的に食べてください。

The following two tabs change content below.
お水健康委員会

お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?
お水健康委員会

Written by: お水健康委員会

お水健康委員会は生きる上で不可欠な水に関する情報をお届けしています。 大切な水のことを1から考えてみませんか?